子供と学ぶおカネの知識

【元機長に聞いた!】憧れのパイロットの高収入は本当?待遇はいいの?

この記事は、こんな方におすすめ

  • パイロットの年収をしりたい
  • パイロットの待遇をしりたい
パイロットの年収が高いのは、本当なのかな?
待遇は良いのかな?

という方のために、今回は、

憧れのパイロットの高収入は本当?待遇は?

について、ご紹介したいと思います。

 

パイロットの給与は?

パイロットの年収は?

平成28年度 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によりますと、パイロットの平均年収は、従業員1000人以上の規模の航空会社で、月収162万円、年間賞与は242万円となります。

つまり、賞与込みの年収は、2210万円程度となります。

 

ただ、この年収は、ベテランの機長から若手の副操縦士の全てを合わせた平均年収になります。

実際のところはどうなのでしょうか?

 

筆者の知人の元大手航空会社機長に、現役時代の年収を聞いてみました!

 

元機長いわく、国内大手2社のパイロットの平均年収は機長2500万円、副操縦士1500万円ほどとのことです。

平均するとやはり上記の厚生労働省のデータの年収程度になることがわかります。

いずれにしても、高収入なのは本当ですね。

 

パイロットの給与体系は?

パイロットの給与は、おもに基本給と乗務手当の合計額になります。

 

基本給は、一般企業の会社員とそれほど変わりませんが、国内線乗務手当や国際線深夜手当等の乗務手当により収入が増減し、乗務手当のおかげで年収が高くなります。

会社によって違いはあるそうですが、乗務手当は、飛行機が出発する際、プッシュバック(飛行機がスポットを離れてバックする)をした時刻から、目的地に到着してスポット(空港の搭乗口)についた時刻でカウントされるそうです。

 

パイロットの待遇は?

パイロットの1週間の平均勤務時間は、40時間以内で、月10日休みが基本になります。

※ANAのHP参照

毎月末に翌月のスケジュールの連絡がきます。

 

また、福利厚生としては、無償の航空券が配布される会社もあります。

パイロット本人の親や妻、子供の分も配布されるため、年に数回、家族で国内旅行がタダで楽しめます。

国内だけでなく、国際線もグループ会社(例:ANAはスターアライアンスグループ)の航空券が95%オフで利用できますので、ほぼタダで海外旅行も行けちゃいます。

また、定年退職後も本人が亡くなるまで、本人と配偶者に、無償航空券を配布する航空会社もありますので、パイロットになると一生、飛行機代を支払わず世界中を旅行できますね。

ドバイの航空会社では、素晴らしい住宅にも住まわせてもらえるのだとか…

 

まとめ

給料も待遇も良いパイロット。

パイロットになるには、多くの努力が必要ですが、これだけ年収や待遇が良いと目指す価値はありそうですね!

パイロットの高収入、高待遇は本当でした!

 

 

パイロットになる方法を知りたい方は、こちらもどうぞ

-子供と学ぶおカネの知識

Copyright© Kids Money Labo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.